葉酸 摂取

葉酸は大人も子供も必要な栄養素

葉酸は水溶性のビタミンの一種です。葉酸と呼ばれる他にもビタミンMや、ビタミンBg、プテロイグルタミン酸などとも呼ばれていて、植物に多く含まれるビタミンとされています。

 

ビタミンには、水溶性と脂溶性の種類に分けられますが、葉酸は水溶性のビタミンのため、水に溶けやすい性質を持っていることから余った葉酸は、体内に蓄積されずに排出されてしまうという特徴を持っています。

 

また、この成分は、体内で作り出すことができないため食べ物やサプリメントから摂取する必要があるのです。

 

葉酸は妊婦や胎児、出産後の母体や赤ちゃんには必要不可欠な栄養素ですが、実は妊婦じゃなくても様々な効果を期待することができるのです。

 

乳幼児や子供などの成長期には、必要不可欠な栄養素で不足すると発育不全の原因となったり、

 

大人になった私達には、ガンや高血圧の予防にも繋がります。また不足してくると、うつ病や認知症、脳卒中、動脈硬化を引き起こす原因ともなるので葉酸は大人にも必要な栄養素です。

 

さらに、女性の美容面でも葉酸が体内で不足しないように摂取することで肌荒れだけでなく肌のシミの軽減にもつながるのです。

 

このように葉酸は、成長期の子供から大人まで家族で摂取するように心がけるとあらゆる効果を得ることができ家族の健康にも役に立ちます。

 

特に、飲酒や喫煙をする人は、通常よりも葉酸の吸収力が悪く常に葉酸が不足しがちとなりますので、意識的に摂取するように心がけると良いようです。