葉酸 貧血

葉酸と貧血予防

貧血の症状は、性別や年齢に関係なく起こる場合があります。

 

貧血は、その原因となるものを究明することが何よりも重要ですが、病気が原因となる貧血ではない場合は、鉄分などを補給することで貧血の治療を行うのが一般的です。

 

最近では、貧血の症状が出る前の貧血予防として葉酸を摂取する人が増えています。

 

葉酸は、血液を作り出すビタミンとも呼ばれていて、赤血球の生成に深い関係があります。

 

葉酸が体の中で不足すると、様々な症状を引き起こしてしまいますが、その中でも赤血球の数の減少が見られることが多く、それだけでなく通常とは違う間違った遺伝情報によって赤血球が作られてしまうことで悪性貧血と呼ばれる病気を発症するなどの様々な良くない症状を起こしてしまいます。

 

重症の貧血になってしまうと、フラフラするだけでなく頭痛や吐き気、めまいというような症状を起こすため日常生活に支障をきたす場合が多く出てきます。

 

このような貧血予防には、意識的に葉酸を食品からだけでなくサプリメントなどを利用して摂取すると良いと言われています。

 

葉酸は、妊婦だけに必要な成分ではなく、年齢や性別を問わず私達が健康で元気に過ごすためにとても重要となる栄養素のひとつなのです。

 

正しい食生活とビタミンを多く摂取することを心がけるようにすれば、それほど不足するものでもないようですが、忙しい現代では、正しい食事の摂取は難しいものとなっていることが多いので、やはり意識的に葉酸を摂取するようにすると安心です。