葉酸 不足

葉酸不足による病気

葉酸は妊娠中の女性やお腹の中の胎児、出産後の母体や赤ちゃんにとって必要不可欠な栄養素です。

 

最近では、葉酸は妊娠中の女性が摂取するものだという認識は、多くの人達に知られるようになったのではないでしょうか。しかし、葉酸は妊娠中の女性や胎児、出産後の母子にだけ必要とされる栄養素ではないのです。

 

葉酸は赤血球の生成に大きく関わっている栄養素なので、身体の中に葉酸が不足すると貧血を起こしたり、乳幼児期や成長期の子供の場合は、発育不全の原因ともなるのです。貧血が重症化すると、頭痛だけでなく動悸や吐き気などの症状も併発してしまいます。

 

また、体の粘膜にも影響を与えるので葉酸が不足すると口の中に口内炎ができたり、潰瘍ができるなどの不調を起こします。

 

この他にも葉酸不足によって起こる病気は、たくさんあります。

 

高血圧や高脂血症、動脈硬化、白血病といった血液に関する病気やうつ病や認知症、脳卒中やインフルエンザなども実は葉酸との関わりがとても深くあると言われています。

 

このように胎児や乳幼児、母体に必要不可欠と言われている葉酸は妊娠や出産と縁のない人にも大きな影響のある栄養素なのです。

 

葉酸はバランスのとれた食生活を送ることや、ビタミン類を多く摂取することで補うことができますが、お酒を良く飲むという人は、葉酸の吸収を妨げてしまうために不足しがちになってしまうと言います。

 

食生活や生活習慣を見直しながら、不足しがちな葉酸はサプリメントなどを利用して摂取するようにすると良いようです。