妊娠 葉酸 不足

葉酸不足による影響

妊娠初期には、葉酸不足に陥らないように必要な葉酸はサプリメントなどで適切な量を摂取することが勧められるようになっています。

 

現在では、母子健康手帳にも葉酸の必要性が書かれているなどその必要性は本当の意味で浸透しています。では、なぜ妊娠初期に特に葉酸の摂取が重要視されているのでしょうか。

 

葉酸は細胞の生成の補助的な役割を持っていて、タンパク質や核酸の合成の働きに必要な栄養素となっています。核酸は、わかりやすく言うとDNAと言われるもので、DNAはその人の正しい遺伝情報を維持するものです。

 

胎児は、このDNAを元に細胞分裂を繰り返しながら体の形成を行なっていきます。この時期の母体に胎児へ送るための充分な葉酸がない場合、胎児は正常な状態で発育することが難しくなってしまいます。

 

胎児は母体の中で活発に細胞分裂を繰り返しつつ人として成長していきますが、葉酸の不足によりDNAは正しい遺伝情報を胎児に与えることができずに成長を行うために胎児への影響が出てしまいます。

 

特に葉酸不足は、胎児の神経系の病気の発症の確率を高めてしまうと言われています。この神経系の病気には、無脳症や二分脊椎障害や神経管閉鎖障害などと言われるもので、これらの病気を発症させる可能性が高くなってしまいます。

 

しかし、必要とされる葉酸を充分な量摂取するようにすることで、このような神経系の病気の発症をあらかじめ予防することが出来ると言われているため、妊娠初期の葉酸摂取はとても大切なのです。

 

本来は、妊娠初期といっても着床から約4週の間が一番充分な葉酸の量が必要だと言われています。

 

この妊娠初期の段階で妊娠を意識する人は限りなく少ないため、妊娠を望んでいる人やその可能性が少しでもある人は、妊娠が発覚する前から葉酸の摂取を心がけることが大切です。