葉酸 不妊

葉酸と不妊

葉酸は妊娠初期の女性や授乳期を迎える女性に必要な成分として有名ですが、不妊治療にも効果があると言われています。

 

不妊の原因は様々で治療方法も様々ですが、自然な形で妊娠できる状態の方が妊娠に至ることが出来ない場合や特別な原因もなく不妊の状態となっている場合には、葉酸を摂取することで妊娠が可能となる場合があるようです。

 

不妊の原因となるもののひとつにホルモンバランスの乱れがあります。

 

ホルモンバランスの乱れは女性だけではなく、男性にとっても妊娠の可能性を低くしてしまう原因となってしまいますが、バランスのとれた正しい食生活と適度な運動を行うことでホルモンバランスを整えることが出来るのです。

 

このようにホルモンバランスを整え心身ともに健康な身体を作ることは妊娠するための第一歩となるのです。

 

そして、正しい食生活を送る上で重要となるのが葉酸です。

 

葉酸は本来、ほうれん草などの野菜や果物に沢山含まれている成分で、私達の体の形成や維持には欠かせない働きをしています。

 

不妊症に悩む人や妊娠を望む人が適切な量を正しく摂取することで、子宮内膜を受精卵が着床しやすいような状態に整えたり、受精卵を守る効果も期待できると言われているため、いつ妊娠しても良い状態へと体の準備を整えることができるのです。

 

また、葉酸は女性だけが摂取すれば良いというのではなく、妊娠を望む男性にとってもしっかり摂取しておきたい栄養素です。

 

不妊の原因となるものが男性にある場合にも、葉酸不足が原因となり染色体異常が起こっている確率が高く受精に至らないという場合が多いようです。

 

妊娠を望むご夫婦の場合は、夫婦ともに適切な量の葉酸を摂取するようにすると妊娠することができるかもしれません。